日本語での自然な自己紹介/The Best Way to Introduce Yourself in Japanese

今回は自己紹介についてお話しします。 Today I'm
going to talk about
introducing yourself in Japanese.
自己紹介は知らない人と初めて會ったときにする Being able to
introduce yourself to someone
newとても大事な表現です。 is a
very important skill.日本語を勉強するときも初級の始めの方で勉強をする
So, expressions for self-introduction
are fundamentals thatとても基本的な表現です。
everyone should learn early
in their Japanese studies.
でも、みなさん自己紹介 But are you
sureしっかりと自然に上手にできていますか? you can
introduce yourself properly and
naturally?今回は上手な自然な自己紹介を覚えていきましょう。 Let's
master the best way
to introduce yourself today.
まず最初に日本語の初級の教科書の自己紹介はこんな感じ。 Examples of
self-introduction in textbooks are
like.初級の教科書の自己紹介ってこんな感じですよね。 You've
seen examples like this,
haven't you?でも、これとても変です。
But this is really
weird.文法は間違ってないんですけど It's grammatically
correct,とても不自然で、なんか外國人っぽいな but really unnaturalって思われると思います。
and gives the
impression that you're fresh
off the boat.では、自然な自己紹介を見てみましょう。
Now let's see
a good example.これがとても自然な自己紹介です。
This is very
good.簡単ですよね。 So
easy, huh?ではこの自然な自己紹介のポイントを説明していきます。
Here are some tips
for introducing yourself naturally.
まず1つ。 First,自己紹介は3つのパートに分けてしてください。
you should say 3
things:1つが挨拶1、2つ目が名前、3つ目が挨拶2です。 A greeting,
your name and another
greeting.この3つを言うようにしてください。 This
is the basic structure
of a good self-introduction.
まず挨拶1。挨拶1は For the
first greeting,「どうも。」、「初めまして。」、「どうも。
初めまして。」 you can
say "どうも。", "初めまして。
" or "どうも。初めまして。
".この3つがとても便利です。 These
are very useful.この3つのどれかを使うようにしてください。
You should use
one of them.「こんにちは」は言わないでください。
However, do not
say "こんにちは".「こんにちは」を使うことはあまりありません。
This isn't used so
often in self-introductions.次に2つ目のパート。
名前です。 Next, your
name.ここは名前と「です」、これだけでいいです。 You
can just say your
name followed by "です".
丁寧に言いたいときは If you want
to be more polite,「と申します」を使ってください。
you can replace
"です" with "と申します".「私」は言わないでください。
Never say "私".
「私」を使うととても不自然です。 It makes
your self-introduction really unnatural.
次に3つ目のパート。挨拶2。挨拶2は Finally,
for the second greeting,「よろしく」か「よろしくお願いします」
you can say "よろしく"
or "よろしくお願いします".と言ってください。
Just use one of
these two.「どうぞよろしく。」の「どうぞ」は
But, never add "どうぞ".
絶対に言わないでください。 to those
expressionsこれもとても不自然です。 because It
sounds really weird.それからもう1つポイント。
And here's another
tip.自分の出身、自分の國は言わなくていいです。 You
don't have to say
where you are from.
言わないほうが自然です。 It's more
natural to leave that
out.出身は聞かれたら言うようにしてください。 Instead,
you can say that
when asked.多分、相手に聞かれることが多いと思います。
I think most Japanese
people wouldl ask you
that.例えば. For
example,こうやって聞かれることが多いと思います。 you'll probably
come across situations like
this.日本の日本語學校のように And, at
Japanese language schools in
Japanいろんな國の人が集まっている場所では and other settings
where there are people
from different countries,出身を言ってもいいです。
it's natural to say
your country in your
self-introduction.それからもう1つポイント。 And
one more tip.學校や仕事で初めて會った人に自己紹介をするときは
When you introduce yourself
at a school or
workplace.自分の所屬を言うといいと思います。 it's
a good idea to
say the organization you
belong to.まず學校で誰かに自己紹介をする場合。
When you meet someone
at school, you can
say所屬は學校、學部、學科、學年などがあります。 the name
of the school, your
department, course or year
of study.例えば.
For example,こうやって言ってください。 You
can say something like
this.次に仕事で會った人に自己紹介をする場合。 And
when you introduce yourself
to people in a
work setting,所屬は會社の名前や部署の名前があります。 you
can say the name
of your company, department
or section.仕事の人と自己紹介をするときは In
business settings,丁寧に言うために「よろしく」ではなくて instead of
just "よろしく",「よろしくお願いします」がいいです。 you
should say "よろしくお願いします" to
be polite.このように言ってください。
You should say something
like this.

スマートクラスルームは、教室での教育と学習の構造的変化を促進する。

スマートクラスルームのコアコンセプトは、「知性」と「高効率」に反映されており、教室での授業の変革と自主的なイノベーションを合理的にサポートしています。 技術面では、インテリジェントな技術に応じて、教育環境、特別なツールや方法のインテリジェン...


智慧課堂到智能化課室之變

伴隨著教育現代化一再被推上重特大發展戰略方面,“智慧課堂”變成 各高等院校教育信息化實踐活動的關鍵行業。根據對“智慧課堂”的老師實質和詞義使用方法等方面的思考發覺,“智慧課堂”的稱呼不是很精確,“智能化課室”是更為有效的取名。近日,黨中央、...